愛の選択をする

私たち人間は、ついつい


どう思われるかな?と、


人目を気にしたり


馬鹿にされたくない


裏切られたくない


奪われたくない




そんな想いから、無意識に自分を守る行動をとります。




この自分を守る行動は行き過ぎると、他者を攻撃するようになります。




でもこれは当たり前の反応で、自分を守るためには攻撃体制を取りますよね💦




戦争も同じなのではないでしょうか?




傷つけられたことがある人は、時に人を傷つけます。




そんな事を理解してあげられたら、自分にも他者にも寄り添えるのではないでしょうか☺️




やられたらやり返す!という精神は、傷つけ合う連鎖から抜け出せず、


自分自身をもどんどん傷つけていくことになります😢





文句を言われたら?

愛の言葉を返そう


バカにされたら?

相手を支えてあげよう


裏切られたら?

相手の幸せを願おう


愛を奪われて言ったら?

もっと与えよう



そんな風に、周りから否定されても、


一人で勝手に"愛ある選択"をしていこう






教えてもらってから、いつも忘れないようにしている言葉です。



もちろん、出来ないときもありますm(__)m




でも、どんな時も自分の幸せは自分でつくる


自分の力で癒されていく





それを忘れなければ、優しさと愛を持って接することができると思います。



周りの人にだけでなく、自分に対してもそんな気持ちを忘れずにいてくださいね☺️





最新記事

すべて表示

人間関係で悩みが多い人は ・周りに気を遣いすぎて発言や行動を我慢してしまう。 ・人から「こう思われるんじゃないか」と考えすぎてしまう。 ・他人の「言葉の裏」をつい考えてしまう。 ・自分の意見を言うことができず陰口や悪口でストレスを解消している。 など、自分の考えや思いを抑え込んでしまうような こんな思考パターンがあると言われています。 相手の立場や考えを優先しすぎてしまったりすることで、 ストレス