傷つけられたと感じるときは

更新日:8月6日

誰かの何気ない一言や、自分が思ってもみなかったところで




ふいに「傷つけられた!」と感じるとき、あなたはどうするでしょうか?




何故あの人はあんな酷いことを言うのだろう⁉︎😠


あの人のせいで私はこんな悲しい気持ちになった😢




こんな風に大抵の人は、悲しみや怒りとして表現するのではないでしょうか。





だけど、自分の世界で問題が起こったとき




実は相手のせいであなたがそうなったのではなく、



"悲しむ"ということを自分で選択している、



"怒る"ということを自分で選択しているんですね。




"傷つく"ということも自分が選択した結果、傷ついたと感じています。




外側で起こる問題によって心が決まるのではなく、



私たちがどう捉えるかによって、また、どう意味付けするかによって、




現実が変わってくるんですね。




なので、問題が起こった時は外側でなく自分の内側(感情)を観察してみてください🙏





私たちには、自分の人生は自分の力で創造していける力があります。





どんな感情をチョイスするか、その選択権を握るのは常に自分自身です。




そんな風に、何事も選択していける自由な存在であるということを思い出したとき、



自分の中の可能性やパワーに気が付きます。




その可能性と力を、どうか他人に委ねませんように…





疲れを感じた時は、無理せずゆるゆる〜っと緩んでいきましょうね☺️
















最新記事

すべて表示

人間関係で悩みが多い人は ・周りに気を遣いすぎて発言や行動を我慢してしまう。 ・人から「こう思われるんじゃないか」と考えすぎてしまう。 ・他人の「言葉の裏」をつい考えてしまう。 ・自分の意見を言うことができず陰口や悪口でストレスを解消している。 など、自分の考えや思いを抑え込んでしまうような こんな思考パターンがあると言われています。 相手の立場や考えを優先しすぎてしまったりすることで、 ストレス